15歳からの英会話留学




日本の英語教育を「スピーキング力養成」で補う
impactimpactimpact


① 英語おしゃべり人間への変身(フィリピン人教師の力)
② 貴方の長所・短所を把握したカリキュラムでの教育
③ 徹底したマンツーマンと納得できるまでの教育
④ 外部実力テスト(TOEIC、TOEFL等)演習
⑤ 日本語禁止環境で、英会話ワールド体験と能力養成
⑥ 即応力養成のDMEメソッドでの英語脳養成
⑦ 留学だけでなく「オンラインレッスン」利用も選択肢です。


オンラインレッスンのご説明
PICOは、「オンライン・オフライン」での選択できます。 
  
    中高生は、オンラインに限り、一般オンライン料金の20%引きです。
    通常の英語の先生としての資格を持った本格的レッスンです。
レッスン当初の流れは、当社日本人が先生とつなげ、ご希望伝達します。
もちろん「楽しい日常会話」もお楽しみください。
テキストは学校テキスト・読本でも対応します。ご相談ください。

 
    



 ☀おしゃべり出来ない「英語能力」っておかしい ・・・
☀フィリピン留学で、日本人の足りない会話力ゲット!



➽ 大きく変わるべき日本の英語教育


これまでの日本の学校教育では、どうしても欠落してしまっていたのが「会話力」です。
このことにやっと気づいた文科省は、2020年より本格的な英語教育評価(大学入試)へとシフトしはじめました。
しかし、やっと日本の英語能力の欠陥に気が付いた文部省ですが・・・
当初の大学入試(共通テスト)での英会話試験採用は中途挫折しました。右往左往している日本の教育に皆さんもあきれているかと思います。
でも、それほど日本の英語教育は、・・英会話教育に関しては全く「ダメだった」という証左でもあります。
読む力、書く力、語彙力(単語力)等々があっても「しゃべる力」(受信力・発信力=会話力)の無い日本人って変ですよね・・・。
何のための勉強なんですかね?・・・。
この教育・文部省の被害者は、これから成長し、世界を舞台にして生きる若者たちです。

しかし、現実に「おしゃべり出来ない英語教育」の時代は終わりにしなければなりません。
「試験」に採用されようがされまいか、そんなことで「会話力養成」を怠ってはだめです。

 
  ➽ そんな時こそフィリピンです(フィリピンの英語能力)。

「フィリピン留学」は、そんなあなたを完全にフォローします。
フィリピン教師の持つホスピタチティは、貴方をバックアップし、マンツーマン教育という最強環境によって強力に支援します。
他国では不可能な「安い留学費用」「徹底したマンツーマン教育」はフィリピンならではの留学の特徴なのです。

「フィリピンの英語能力」について、ちょっとご説明します。
「フィリピン国家」としての歴史は、大航海時代・重商主義の時代を通してスペイン植民地(フィリピン人への支配)として国家の形が生まれたといわれています。
この300年以上のスペイン支配・その後のアメリカ植民地によって「文化はスペイン風(カソリック)」「言語はアメリカ英語」の影響が残されています。
しかし、フィリピン国家は何世紀にもわたる「被植民地支配」の都合で産業が形成され、結果は「自給自足国家」とする能力を完全に失ってしまいました。 
勢い・・・・、独立国家となった現在ですが自国には生活できる職業(産業)はなく、他国に仕事を探しに行って、そこで収入を得、フィリピン親族に送金するという現在のスタイルが生まれました。
フィリピン国家は、「サービス業」(出稼ぎを含む)国家であり、世界を股にかけた「世界人」なのです。
さて「英語」なのですが、当初は「アメリカ人英語」です。支配者アメリカの都合で「英語をフィリピン公用語」としたおかげで、フィリピン人は世界を相手に「出稼ぎ」ができるのです。
フィリピン人の英語は、「アメリカ英語」で育ちながら、現在では「世界に通用する世界的言語=英語」の旗振り役とも言って良いクォリティを持ち始めました。ある意味ではアメリカ英語を抜け出て「世界共通言語」に高めたといえるかもしれません。
その証左は、以下の記事にあります。
「2012年に行われたGlobal English社(米国)の調査によると、フィリピン人のビジネス英語運用能力はなんとアメリカを抜いて第1位!  ちなみにこの調査、78か国137000人の様々な産業で働く従業員の「職場で使用する英語力」を測ったもので、日本は50位となっています。」(アセナビ ASEAN WORK NAVI】2014.07.04)

➽ 外部試験が流用されます。

今回は挫折しましたが、文部省の「入試での大きな改革ポイント」として、TOEIC、TOEFL、IELTS等の外部試験(スピーキング能力)を採用するということですが、当校は完全に支援できます。

 「マンツーマン教育」=あなたの実力アップが確実に

あなたが完全に理解するまでくり返すフィリピン教師のマンツーマンは、本当にしゃべりはじめる力を身につけさせます。帰国した時には「英語をしゃべりたくて、しゃべりたくて、仕方ない・・・」あなたに変身させます。      
当初はつたなくとも、「しゃべり始めた」若者は英語に興味を持ち、さらに前進する喜びを身につけます。            
わたしたちは、そんな若者を応援します。

➽ 留学前に実力測定します。

PICOは、留学前に約45分かけて留学生インタビューを実施します(SKYPE等)。
そしてその留学生に応じたオーダーメイドのカリキュラムを作成します。
レベルの高い・低いは留学生活に関係ありません。全て、その留学生にマッチした教育計画となるのですからご心配なく。
これができるのも、マンツーマン教育の利点でもあります。

➽ 安全・快適・集中!!

「PICOフィリピン研修センター」は、フィリピンでは有数の安全環境・快適環境の中にあります。
みんなで仲良くショッピング、お食事もできる環境です。
安全・快適であるからこそ、認めていただいた日本企業様からの派遣研修生も多く、かつ、皆さんは真剣に学習しております。
これまでも高校生・大学生等のお若い方々も、企業研修生に交じって勉強しております。

 保護者の方々のご心配のために

PICOの料金表は、基本留学生活全体のお世話を含みます。
フィリピン政府への学習許可証、学習生活、衣食住の基本生活、空港送迎等々を含みますからご安心ください。
万が一のご病気にも即対応し、クリニック・病院にスタッフが付き添います。
含まれない点は、「休日のお食事」等ありますが、安全圏内にコンビニ・レストラン・スタバ等々何でもありますのでエンジョイできます。また、日本人スタッフ(女性)・日本語ができる校長(緊急時・日本語可)は、受講生の不安を取り除いてくれるでしょう。
PICO宿舎は、清潔で、新築に近く、自分が清潔にキープすれば、そのまま清潔です。また完全個室です。
但し、フィリピンです(笑)・・・設備が壊れたり・・・でも、PICOが即対応します。
保護者の方へは、空港お迎え/空港見送りのご報告、その他緊急時・問題発生時には随時ご報告をいたします。


右側の、動画をチェックしてください。
free PICOまでの経路(風景)、PICO授業風景もあります。
free 高校生の、1週間研修、1ヵ月研修の動画もあります。
free DMEレッスン(会話力養成)風景をご覧ください。 



オンラインフォーム説明にいくぞ
 お問い合わせ・ご質問はこちら

大きな地図で見る

〒180-0012 東京都武蔵野市緑町1-5-1
東海グリーンパークビル2階

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-3000

受付時間 10:00~17:00
(土日祝日休み)

お問い合わせ 詳しくはこちら