なぜ?フィリピン留学



速攻で英語をしゃべり始めたい方へ


●フィリピン留学は「格安」だから?

フィリピン留学は格安であることは確かです。
しかしそれだけのものとは考えないでください。
「安い!」が私たちの自慢ではありません。

「安さ」を売り物にする留学校があるとすれば、本当の良さ(長所)をおざなりにした「安っぽい留学校」です。(失礼しました!)。
フィリピン留学には、他の 外国留学や学習方法とは異なるすごい長所があるのです。
それは、速攻で「おしゃべりを始める」貴方をつくるということです。

フィリピン留学は、他国留学ではあり得ない「速攻でしゃべり始める教育」としての特徴を持っているのです。
その主な仕掛け舞台こそ「フィリピン人によるマンツーマン教育」と、フィリピン人の持つ「ホスピタリティ」です。


だからPICOは一日7時間もマンツーマンレッスン(3教師)を組んでいます。そして残るグループレッスン1時間は、皆で発声した方が効果的なレッスンです。


●日本の英語教育は間違えていた。

日本人は、学校で「文法」「語彙」「読み書き」を勉強しました。しかし、はっきり言って肝心なところが抜けてしまった教育でした。
それは「聞いて、おしゃべりする」と言うことが抜けているのです。
英語の先生ですら、文法は得意であっても、普通に外国人とおしゃべりするのは苦手な方が多いのが現状です。
現実の会話は、「文法とはほど遠い慣用句」に満ち、また1つの単語で1つの意味と言うわけにはいきません。それぞれのシチュエーションで、それぞれの意味合いの変化があります。
 我々に求められている英語力は、学校の成績ではなく、世界の人々と親しくコミュニケーションするという「おしゃべり道具(ツール)」としての英語力です。
コミュニケーションツールとはならない机上のテキストブックだけでの教育はもう限界です。
そこで、お役に立つのが「フィリピン留学」です。

●フィリピン人によるマンツーマン教育の力は最強です!

 フィリピンの一般的物価水準は日本の 1/10-1/5 と言われます。ですから欧米の留学では考えられない「格安マンツーマンレッスン」ができるのですが、そのことにプラスして、フィリピン人のもつ固有のホスピタリティが発揮されます。

 教室には、教師と生徒、二人しかいません。
顔と顔が面と向かい合っていて逃げられません (笑)。
教師は、「貴方の長所・短所」を対話している間に正確に把握できます。そして納得いくまで根気よく教育してもらえます。
貴方は、日本語をしゃべっても相手(先生)には通じませんので、自分の知っている英単語を総動員して返答・質問をしようとします。

 とりあえずは覚えたはずの「文法」はそっちのけで、生半可に覚えた「単語」が非常動員です。体でのアクション(ボディランゲージ/表情)も動員です。・・・どうしても直ぐに応答しなければならないですからね。

・・・もうこの時点で「聞いた英語 → 日本語翻訳 →(日本語で返答を考える)→ 英語翻訳 → 英語で応答」というサイクルは徐々に破綻していきます。それでは即答にならないからです。
そして、徐々にあなたの思考回路は「聞いた英語 → 英語で応答」のサイクルになります。

そのごちゃごちゃ、めちゃめちゃな「質疑応答」のプロセスで、最終的にあなたの英語を理解・推察した教師のうなずきを見たときは、すごく快感ですよ~。

貴方は、そして本当の意味で「しゃべり始める」のです。
それで良しとは申せませんが、はじめに「主語と動詞」だけはなんとかひねり出して述べ、「その他の単語」はまとめて全部「後に」並べて良い、というネイティブ先生による初期学習法もあります。
要するに「主語+述語+その他大勢の単語」と「アクション(ボディラングェージ)」で、言いたいことの基本は先生に伝えることができます。
もし日本観光に来た外人さんが日本語をしゃべるとき、我々は「正しい日本語」でなくとも、よく耳を傾ければ理解してあげられますよね。フィリピン人先生も、貴方が正しい英語をしゃべれないくらい理解していますから大丈夫、理解してもらえます(笑)。
そう、そんな初期的会話ができて(=コミュニケーションが取れて)、あなたは「おしゃべりな日本人」となります。
ある生徒さんが言ってました。
「日本に帰ってからも英語をしゃべりたくてしゃべりたくて困った」そうです。
この快感は「一週間留学」でも可能と思われます。

●求めるのはどちら?
「ネイティブ英語」?? 「コミュニケーションツール=英語」??


アメリカ定住(ネイティブの世界)を目指す目的のある方はともあれ、私たちは、まず「世界で通用する英語」を求めます。「ネイティブ英語」ではなく「コミュニケーションツールとしての英語」の取得が当面に必要なことです。

その「ツールとしての英語能力」コンテストで、そのトップはなんとフィリピン人でした。
2012年に行われたGlobal English社(米国)の調査によると、フィリピン人のビジネス英語運用能力はなんとアメリカを抜いて第1位!! ちなみにこの調査、78か国137,000人の様々な産業で働く従業員の「職場で使用する英語力」を測ったもので、米国2位、英国3位、そして日本は50位・・・・(笑)。
この事実と考察については納得いく記事(アセナビ  ASEAN WORK NAVI)になっておりますのでご参照ください。
http://asenavi.com/archives/3076
これは、「なぜフィリピンにはコールセンター事業が大きく成長しているか」の答えでもあります。
フィリピン英語は「なまりがある」としたり顔に言っている人は差し置いて、自信をもってフィリピン留学にお出かけください。
笑い話に近いですが、10年位前に、フィリピン留学校は「韓国系英会話学校」ばかりでした。その環境で英語を学んだ日本人は、「今でも私の英語は韓国なまりだ」と言って悩んでいました。まあ、でもその方は世界を駆け回り活躍しております。

以上のご説明は、特に以下の方々へのメッセージとします。

• 短期間留学でもコミュ二ケーション力を補強
• 発音や聞き取りがうまくなる
• 英会話に対して自信を持ちたい
• 外国人に対するコンプレックスを解消する



「速攻」とはどれぐらいの期間?

これまでの知識や経験は人それぞれですので、一概には言うことはできませんが・・。

★学生さんだったら・・・
1ヶ月間を1つのメドにして計画を練ってください。それで「ワンステップ」アップした貴方を感じるはずです。
そして3回の留学(9ヶ月)では外国という世界に挑戦・活躍したい自分を感じるまでにはなるでしょう。
いずれにしても貴方の努力です。そして私たちはその努力を実のあるものにするよう大いにご協力させていただきます。
補足ですが、最初のステップとして、フィリピン留学し、自信がついた時点で欧米留学を経験するのも良いことです。
これは、単に2カ国をめぐるという意味ではなく「マンツーマン教育/フィリピン」「グループトーキング/欧米)としての連続・連携した教育法です。この場合、フィリピンと欧米の留学順を間違えないようにしてください。

高校生(15歳-)の若さから始めれば、明らかに自分の将来への夢の選択肢を大きく増大させることができます。長い人生から考えれば、1ヶ月3回程度の留学は安い買物です。


★社会人にとって・・・
社会人の留学は最長で1-2ヶ月かもしれませんね。
或いはもっと短い期間(1週間)の方も多いです。この場合、日本の連休(年末年始・5月連休・盆休等)の季節に「1週間単位」で何回も留学されている方もおります。

PICOは、多くの企業様の派遣研修生を受け入れており「大人の留学校」です。
どのような学習目的にしろ、とにかく「しゃべりまくる」のを基本としてください。
たとえ下手と思われる英語であってもそれに囚われてはいけません。体のアクションを総動員して意思伝達に努めてください。
体のアクションもボディランゲェージとして立派なコミュニケーションツールです。
正しい文法に基づいた「会話」に囚われて、しゃべる事ができない方は、ここでは殻(日本人特有の羞恥心)を破って恥をかくつもりで声を出して、またアクションを交えて表現してください。

フィリピン人先生は、真剣に貴方の言いたいことを聞きつつ、きっと理解してくれます。誤解、めちゃめちゃ文法・・・・マンツーマンはそれができる場所です。恥は全部ここでかきましょう (笑)。
そしてホスピタリティ豊かなフィリピン人教師は優しくあなたを理解し、そして「補正」してくれます。

帰国後の学習では「反省、修正、記憶」を通してステップアップしてください。
再留学も一つの道です。初歩的レベルの方は一般オンラインレッスンも有効でしょう。

★リタイアされた方へ・・・
70才を越えてもリピートで留学される方もいます。覚えが遅いとかは関係ありません。
むしろご老人の方が、堂々と「単語を適当に並べてしゃべる図々しさ(笑)」を持っていますので、世界旅行への道は近いかもしれません。
フィリピン人のホスピタリティがあなたを支え、世界に旅する幅広い貴方を支えます。
(1)リタイアメントビザでフィリピン永住を企画されている方もおります。
フィリピンをよく研究し、後悔のなきように準備してください。
ちなみに、PICOJapan代表・渡辺はSRRV(永住権)ビザを取得しております。
(2)明らかに「学習自身をエンジョイ」されている方が多いです。
そして、マンツーマンによって、ぜひ「旅する力」をゲットしてください。
(3)ついでながら、各国の危険な場所・安全な場所への嗅覚も現地で養ってください。
PICOのあるエリア(Alabang)は、自由行動できる安全地帯です。

以上のご説明は、特に以下の方々へのメッセージとします。
• 短時間で効率の良い勉強をしたい方(会話力向上はフィリピン教師に頼りましょう)
• 理解できるまで質問したい方(何度も、何度も答えてくれるのがフィリピン人教師です)
• 英会話を今から始めたい方(初歩でも、ベテランでも同等に教授してくれます)
• 15歳からの英会話学習(初めの一歩で挫折しないのはフィリピンです)
• 海外永住を考える方(日常会話はカタコトから・・フィリピン人に任せてください!)
• 二か国留学を考える方(良い経験になります。期間 2:1 割合で最初はフィリピンです)
• 難しい勉強づくめは苦手の方(安全な生活環境で色々の体験もどうぞ。案内マップあり)
• 海外旅行に行きたい方(良いですね! 最初のフィリピン!  そして世界へと飛翔!)

TOPページに戻る


 



なぜ?フィリピン留学

なぜ?フィリピン留学

速攻で英語をしゃべり始めたい方へ

フィリピン留学は「格安」だから?

●フィリピン留学は「格安」だから?

フィリピン留学は格安であることは確かです。
しかしそれだけのものとは考えないでください。
「安い!」が私たちの自慢ではありません。

「安さ」を売り物にする留学校があるとすれば、本当の良さ(長所)をおざなりにした「安っぽい留学校」です。(失礼しました!)。
フィリピン留学には、他の 外国留学や学習方法とは異なるすごい長所があるのです。
それは、速攻で「おしゃべりを始める」貴方をつくるということです。

フィリピン留学は、他国留学ではあり得ない「速攻でしゃべり始める教育」としての特徴を持っているのです。
その主な仕掛け舞台こそ「フィリピン人によるマンツーマン教育」と、フィリピン人の持つ「ホスピタリティ」です。


だからPICOは一日7時間もマンツーマンレッスン(3教師)を組んでいます。そして残るグループレッスン1時間は、皆で発声した方が効果的なレッスンです。

●日本の英語教育は間違えていた。

日本人は、学校で「文法」「語彙」「読み書き」を勉強しました。しかし、はっきり言って肝心なところが抜けてしまった教育でした。
それは「聞いて、おしゃべりする」と言うことが抜けているのです。
英語の先生ですら、文法は得意であっても、普通に外国人とおしゃべりするのは苦手な方が多いのが現状です。
現実の会話は、「文法とはほど遠い慣用句」に満ち、また1つの単語で1つの意味と言うわけにはいきません。それぞれのシチュエーションで、それぞれの意味合いの変化があります。
 我々に求められている英語力は、学校の成績ではなく、世界の人々と親しくコミュニケーションするという「おしゃべり道具(ツール)」としての英語力です。
コミュニケーションツールとはならない机上のテキストブックだけでの教育はもう限界です。
そこで、お役に立つのが「フィリピン留学」です。

●フィリピン人によるマンツーマン教育の力は最強です!

●フィリピン人によるマンツーマン教育の力は最強です!

 フィリピンの一般的物価水準は日本の 1/10-1/5 と言われます。ですから欧米の留学では考えられない「格安マンツーマンレッスン」ができるのですが、そのことにプラスして、フィリピン人のもつ固有のホスピタリティが発揮されます。

 教室には、教師と生徒、二人しかいません。
顔と顔が面と向かい合っていて逃げられません (笑)。
教師は、「貴方の長所・短所」を対話している間に正確に把握できます。そして納得いくまで根気よく教育してもらえます。
貴方は、日本語をしゃべっても相手(先生)には通じませんので、自分の知っている英単語を総動員して返答・質問をしようとします。
 とりあえずは覚えたはずの「文法」はそっちのけで、生半可に覚えた「単語」が非常動員です。体でのアクション(ボディランゲージ/表情)も動員です。・・・どうしても直ぐに応答しなければならないですからね。

・・・もうこの時点で「聞いた英語 → 日本語翻訳 →(日本語で返答を考える)→ 英語翻訳 → 英語で応答」というサイクルは徐々に破綻していきます。それでは即答にならないからです。
そして、徐々にあなたの思考回路は「聞いた英語 → 英語で応答」のサイクルになります。

そのごちゃごちゃ、めちゃめちゃな「質疑応答」のプロセスで、最終的にあなたの英語を理解・推察した教師のうなずきを見たときは、すごく快感ですよ~。

貴方は、そして本当の意味で「しゃべり始める」のです。
それで良しとは申せませんが、はじめに「主語と動詞」だけはなんとかひねり出して述べ、「その他の単語」はまとめて全部「後に」並べて良い、というネイティブ先生による初期学習法もあります。
要するに「主語+述語+その他大勢の単語」と「アクション(ボディラングェージ)」で、言いたいことの基本は先生に伝えることができます。
もし日本観光に来た外人さんが日本語をしゃべるとき、我々は「正しい日本語」でなくとも、よく耳を傾ければ理解してあげられますよね。フィリピン人先生も、貴方が正しい英語をしゃべれないくらい理解していますから大丈夫、理解してもらえます(笑)。
そう、そんな初期的会話ができて(=コミュニケーションが取れて)、あなたは「おしゃべりな日本人」となります。
ある生徒さんが言ってました。
「日本に帰ってからも英語をしゃべりたくてしゃべりたくて困った」そうです。
この快感は「一週間留学」でも可能と思われます。

●求めるのはどちら?
「ネイティブ英語」?? 「コミュニケーションツール=英語」??

アメリカ定住(ネイティブの世界)を目指す目的のある方はともあれ、私たちは、まず「世界で通用する英語」を求めます。「ネイティブ英語」ではなく「コミュニケーションツールとしての英語」の取得が当面に必要なことです。

その「ツールとしての英語能力」コンテストで、そのトップはなんとフィリピン人でした。
2012年に行われたGlobal English社(米国)の調査によると、フィリピン人のビジネス英語運用能力はなんとアメリカを抜いて第1位!! ちなみにこの調査、78か国137,000人の様々な産業で働く従業員の「職場で使用する英語力」を測ったもので、米国2位、英国3位、そして日本は50位・・・・(笑)。
この事実と考察については納得いく記事(アセナビ  ASEAN WORK NAVI)になっておりますのでご参照ください。
http://asenavi.com/archives/3076
これは、「なぜフィリピンにはコールセンター事業が大きく成長しているか」の答えでもあります。
フィリピン英語は「なまりがある」としたり顔に言っている人は差し置いて、自信をもってフィリピン留学にお出かけください。
笑い話に近いですが、10年位前に、フィリピン留学校は「韓国系英会話学校」ばかりでした。その環境で英語を学んだ日本人は、「今でも私の英語は韓国なまりだ」と言って悩んでいました。まあ、でもその方は世界を駆け回り活躍しております。

以上のご説明は、特に以下の方々へのメッセージとします。
動画各種集録

• 短期間留学でもコミュ二ケーション力を補強
• 発音や聞き取りがうまくなる
• 英会話に対して自信を持ちたい
• 外国人に対するコンプレックスを解消する

「速攻」とはどれぐらいの期間?

「速攻」とはどれぐらいの期間?

これまでの知識や経験は人それぞれですので、一概には言うことはできませんが・・。

★学生さんだったら・・・
1ヶ月間を1つのメドにして計画を練ってください。それで「ワンステップ」アップした貴方を感じるはずです。
そして3回の留学(9ヶ月)では外国という世界に挑戦・活躍したい自分を感じるまでにはなるでしょう。
いずれにしても貴方の努力です。そして私たちはその努力を実のあるものにするよう大いにご協力させていただきます。
補足ですが、最初のステップとして、フィリピン留学し、自信がついた時点で欧米留学を経験するのも良いことです。
これは、単に2カ国をめぐるという意味ではなく「マンツーマン教育/フィリピン」「グループトーキング/欧米)としての連続・連携した教育法です。この場合、フィリピンと欧米の留学順を間違えないようにしてください。

高校生(15歳-)の若さから始めれば、明らかに自分の将来への夢の選択肢を大きく増大させることができます。長い人生から考えれば、1ヶ月3回程度の留学は安い買物です。

★社会人にとって・・・
社会人の留学は最長で1-2ヶ月かもしれませんね。
或いはもっと短い期間(1週間)の方も多いです。この場合、日本の連休(年末年始・5月連休・盆休等)の季節に「1週間単位」で何回も留学されている方もおります。

PICOは、多くの企業様の派遣研修生を受け入れており「大人の留学校」です。
どのような学習目的にしろ、とにかく「しゃべりまくる」のを基本としてください。
たとえ下手と思われる英語であってもそれに囚われてはいけません。体のアクションを総動員して意思伝達に努めてください。
体のアクションもボディランゲェージとして立派なコミュニケーションツールです。
正しい文法に基づいた「会話」に囚われて、しゃべる事ができない方は、ここでは殻(日本人特有の羞恥心)を破って恥をかくつもりで声を出して、またアクションを交えて表現してください。
フィリピン人先生は、真剣に貴方の言いたいことを聞きつつ、きっと理解してくれます。誤解、めちゃめちゃ文法・・・・マンツーマンはそれができる場所です。恥は全部ここでかきましょう (笑)。
そしてホスピタリティ豊かなフィリピン人教師は優しくあなたを理解し、そして「補正」してくれます。

帰国後の学習では「反省、修正、記憶」を通してステップアップしてください。
再留学も一つの道です。初歩的レベルの方は一般オンラインレッスンも有効でしょう。

★リタイアされた方へ・・・
70才を越えてもリピートで留学される方もいます。覚えが遅いとかは関係ありません。
むしろご老人の方が、堂々と「単語を適当に並べてしゃべる図々しさ(笑)」を持っていますので、世界旅行への道は近いかもしれません。
フィリピン人のホスピタリティがあなたを支え、世界に旅する幅広い貴方を支えます。
(1)リタイアメントビザでフィリピン永住を企画されている方もおります。
フィリピンをよく研究し、後悔のなきように準備してください。
ちなみに、PICOJapan代表・渡辺はSRRV(永住権)ビザを取得しております。
(2)明らかに「学習自身をエンジョイ」されている方が多いです。
そして、マンツーマンによって、ぜひ「旅する力」をゲットしてください。
(3)ついでながら、各国の危険な場所・安全な場所への嗅覚も現地で養ってください。
PICOのあるエリア(Alabang)は、自由行動できる安全地帯です。

以上のご説明は、特に以下の方々へのメッセージとします。
• 短時間で効率の良い勉強をしたい方(会話力向上はフィリピン教師に頼りましょう)
• 理解できるまで質問したい方(何度も、何度も答えてくれるのがフィリピン人教師です)
• 英会話を今から始めたい方(初歩でも、ベテランでも同等に教授してくれます)
• 15歳からの英会話学習(初めの一歩で挫折しないのはフィリピンです)
• 海外永住を考える方(日常会話はカタコトから・・フィリピン人に任せてください!)
• 二か国留学を考える方(良い経験になります。期間 2:1 割合で最初はフィリピンです)
• 難しい勉強づくめは苦手の方(安全な生活環境で色々の体験もどうぞ。案内マップあり)
• 海外旅行に行きたい方(良いですね! 最初のフィリピン!  そして世界へと飛翔!)

オンラインフォーム説明にいくぞ
 お問い合わせ・ご質問はこちら
モバイルサイトはこちら

大きな地図で見る

〒180-0012 東京都武蔵野市緑町1-5-1
東海グリーンパークビル2階

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-3000

受付時間 10:00~17:00
(土日祝日休み)

お問い合わせ 詳しくはこちら