オンライン202004

オンライン202004


                                             お申込みにお進みください →


◎オンラインレッスンご感想
こちら Click!    ◎よくあるご質問 こちら Click!

     下記バナーのクリックでそれぞれの項目へ飛びます

 
オンライン研修・教育のスタイル・料金等々

(1)レッスン当初=Skype/Zoom/Google Meet にてインタビュー実施

     A) 講師が「事前インタビューにて把握する事」は以下の項目です。
    ・発信力・受信力・将来目標・当面の目標・等々
    ・お話ししながらの実力査定
     ⇒ カリキュラム策定・使用テキスト選択の資料になります。
  B) インタビューは、Head Teacher、Group Leaderレベルの教師が担当します。

(2)適切なテキストの選定

  A)教師は、生徒さんのご要望に対応します。
   ◎適切なテキスト 通常は「初期インタビュー」を経て、教師が選定します。
   ◎中・高校生(発音矯正・日常会話) 
    日本校の提供する「英語教科書・英語読本等」のテキスト採用も可能です。
   ◎フリートークも重要です。話題を生徒さんが提供してもかまいません。
       日本語が解せないフィリピン英語教師と格闘してフリートークを楽しみましょう!
  B)目的を持ったレッスンも可能です。
    TOEIC/TOEFL/IELTS等の検定対策にも対応可能です。

(3)サービスの時間帯

          ◆接続時間:スタート時間
              午前8時30分~午後9時30分(終了午後10:20)/開始時間はすべて○○:30分
             (終了時間のさらに遅い時間帯のご希望は要相談)

          ◆研修センターは、平日レッスンです(含:土曜日)。
        日曜日の「講師自宅レッスン」は可能な場合があります(要:ご相談)

(4)レッスン回数・費用について 

レッスン費

単価(円)

料金(円)

               10回分

1,500

15,000

               20回分

1,200

24,000

               30回分

1,200

36,000

               40回分

1,200

48,000

               50回分

1,100

55,000

               60回以上分

1,100

——–

              ※1  10レッスンの消費期限は原則2か月となります
              ※2  中高生のレッスン費は、上記より2割引となります。

 

PayPalクレジットカード・銀行振込可能!
 ◎PICO請求書 (PayPal対応) /URLに順次入力
 ◎送付クリックでお支払い終了 !(振込手数料無)
 ◎初めてのご利用は、簡単な初期登録が必要です。

 

(5)レッスンお申込みの手順と予約変更について

         お申込み手順 ◎ウェブ上の申込書にて受付
                エージェント様を通される方は。エージェント様にご依頼してください。
         予約変更・受講の予定変更等については適宜メール対応します。

6)教師の選定と交代について 

          講師の指名は出来ません(「教師選定」はPICOにて決定)。
     理由によって考慮いたしますので下記メールアドレスに申請してください。
          ご事情を検討し、入れ替えできます。
          (ご連絡先は support@picojapan.com  後藤までご連絡を)

(7)レッスンの際のエチケットについて
       教師が不快にならない常識的な服装でお願いいたします。
    教師にも同じように伝えております。

(8)キャンセルポリシー

      ◎レッスン日時のキャンセル/再予約
   ・レッスン予定日の前日(平日の場合)15:00までのご連絡の場合-残レッスン減りません
   (前日が土日祝の場合は、その直前の平日15:00までのご連絡となります)
      ・当日のキャンセル ⇒◎「当日」レッスンは喪失します(振替不可)

      レッスン自身の「中途解約」について
     ・レッスンスタート以前でのキャンセル
       レッスン準備費用として「費用合計20%差引き」にて返金します。
     ・レッスンをスタートしてからのキャンセル
      お申込みレッスン回数分の半分以下ご利用の場合
・・残レッスン費用分の50%返金
       (例:お申込みが10レッスンの場合は5レッスン以下ご利用)
      お申込みレッスン回数分の半分超ご利用の場合・・返金はありません
     ・以上のご返金では「送金手数料」を差し引かせていただきます。

(9)通信事故、その他

     ・フィリピン通信回線のクオリティ事情にてトラブル事故もありえます。
     ・その他、外的要因での事故もありえますがご容赦ください。
         以上の事故に対しては、基本的にはレッスン追加等にてカバーいたします。
                 PICO総代理店 電話 0422-21-3000(代) 

  

トライアルレッスンは、初心者でも安心なように、簡単なレベルチェックから始まり、レベルを合わせてくれる教師のレッスンが始まります。自信なくても大丈夫! 

  当初は、日本事務所にご連絡をください。明細と日程等々を決定いたします。応:ご相談

        電話(0422-21-3000) ✉(support@picojapan.com)

 

                                                                                                            ページのトップへ

 

当初はレベルチェックから入りますが、それで貴方の「英語のレベル・目的」を計らさせていただきます。
その後、短期レッスンなので、集中して学習しましょう。
とにかく「聞く耳を堪える」ことと、間違っても良いですから「おしゃべりする」ことに
集中してください。
                                         

         

                                                                                                      ページのトップへ

 

ご紹介様には次のご請求時に10%引きがございます。
さらに、ご紹介頂く方にも、新規お申し込み金額が10%引きされます。

 

                                                                                                            ページのトップへ

 

 

「現地で」いつもPICOがバックアップ!

   フィリピン・ベトナム・マレーシア・中国・・等
       どこからでも繋がってください。

一概に「長期出張・赴任」とは云えども、意外に多い事例は「東南アジア」「中国」等への中期的出張、又は短期出張の繰返し出張です。
そこで使われる言語は、ほとんど「英語でのコミュニケーション」でしょう。
PICOが英語研修の拠点とするフィリピンではほとんど英語が共通言語ですが、その質はどこでも通用する質を持っています。

 その英語は世界共通語へと進化しましたが、その要因は以下の通りです。

占領国アメリカの徹底した英語教育(文化より言語優先)で、アメリカンイングリッシュが現地タガログ語と相並ぶ「共通言語」となりました。
フィリピン現地の産業は発展せず、職業を求めての「出稼ぎ・船員」という地に足の無い職業人」が多勢を占め、「世界を股に掛けた出稼ぎ大国」となりました。又、英語力を使った「世界を舞台とするコールセンター(インドに次ぐ第2位)」が非常に多い国にもなりました。要因は、人件費の安さと英語力からです。
そんな歴史の中で、フィリピン英語は、同時に「世界性を持った英語」として発展しました。そしてなんと、「世界で通用するビジネス英語コンテスト」で、「1位:フィリピン」「2位:アメリカ」「3位:イギリス」という結果が生まれたのです。
日本人は良く「フィリピン訛りの英語」と評価しますが、それは米英で「正しい英語学習」をした日本人としてはそう感じるかもしれません。でも、実は「世界で一番通用する英語」なのです。興味深いことです。

 是非、オンラインレッスンでPICOと繋がってください。

日常的なお仕事の場面で「英会話」「英作文」に行きづまったら、通常のレッスンはさておいて、そのまま当校教師に相談できます。
当校教師は、皆優秀な人材です。
テキストから外れて、実際のお仕事に関連させたレッスン(会話・作文)を進めることも可能です。当校はフレキシブルにレッスン内容を貴方に対応させます。

 コロナ渦にては、リアルな留学校「PICOフィリピン英会話研修センター」は閉鎖されており、教室でのレッスンは不可です。
しかし、フィリピンPICO拠点事務所はコロナ後を見据えて、従来の場所:首都圏マニラ・アラバンにあり、現地社長(Liezel)を中心に運営しております。

オンラインレッスンも、この事務所と「教師自宅」と連携して運営されております。もちろん、おざなりな教師ではなく、教師資格を持っておりますのでご安心ください。

                                 
                                                                                      ページのトップへ

 

 

 

      一人の先生で、楽しいペア(二人)受講!(Skype レッスン)

お二人のSkype名をいただき、教師からのご招待で、教師とお二人で1グループ(3名)とします。
このような「お友達」「学習仲間」「家族」同志での共同レッスンとなり、受講料金は、お一人当たり25%OFF!とお安いです。
初期インタビューも「ペア」にて実行し、共通テキスト採用での学習です。

   メリット  ☆料金が安くなる
         ☆学習モチベーションが上がる

         ☆お互いのライバル心が英語力向上に資する
            ☆そして、楽しい

お申込み方法:「オンラインお問合せフォーム」にて代表者情報を書き込み、もうお一人の方の「情報」を備考欄等にて記入してください。

       https://picojapan.com/contact/contact_online/  
      メールも可! support@picojapan.com   

                                      

                                                                                                               ページのトップへ

(B)「お勉強」ではなく「生きた・意義ある学習」へ

PICOは「だらだらとした学習継続」に陥らないよう工夫します。
PICOは、「オーダーメイド・カリキュラムを組み上げる力」があり、実際に実践しております。
オーダーメイド・カリキュラムとは、
① 学習者の将来の夢・実現する目標を把握します。
② 学習者の本当の実力「受信力・発信力・流暢さ・語彙力」等を把握します。

③ 学習者の将来目標(何をしたいのか?何になりたいのか?)や当面の到達目標、モチベーションをお聞きします。

PICOは、以上を把握し、貴方に完全にマッチした「カリキュラム」をご提案します。
もちろん、以上の把握のためには、ヘッド又はグループ指導者(カリキュラム作成できる指導者)が担当します。この時に貴方自身のご要望をきちんと伝える努力をしてください。
教科書も、この独自カリキュラムに基づいた選択となります。教科書は「一冊」とは限りません。多方面から素材を求めたりします。

担当する教師は、留学校PICOの教師であり、きちんとしたスキルを身に着けた教師です。
また、必要に応じて(ジャンルに応じて)先生は交代します。このあたりは留学と同じスタイルで進行します。
もちろん「どうしても苦手」な先生ということもあり得ますが、この点はPICOJapanスタッフ(日本語)にご相談できます。0422-21-3000 PICOJapan

(C) TOEIC・IELTS・TOEFL等の対策も可能です。

TOEIC・I ELTS・TOEFLへの対策も可能です。
カリキュラム作成時の参考になりますように当初にご要望としてご依頼ください。それに向けた教師を配置いたします。

(D)  日本語を介さない直接話法(DME)レッスンも採用できます
         ご参照ください(ビデオあり)  https://picojapan.com/dme/

DME(Direct Method for English)は、日本語変換を介さないで、ダイレクトな英語の問いかけに、ダイレクトに英語で返す訓練です。
実践的な会話訓練では、日本人英語脳(英語-日本語-英語)というサイクルを壊し、本来の英語脳(英語-英語)が必要です。
これは「テキストを覚えて会話する」ことではなく、現実の教師が発信する「問いかけ」に直接、英語にて応えていく訓練です。「即応力」「即答力」の訓練です。
学習(訓練)の基本 ——————–
①原則:予習禁止で、復習は宿題であると同時に、レッスン時には何回も繰返します。
②レッスンの最初に「覚えるべき単語」(必要に応じて文法)の勉強をします。
③その後に、教師が貴方にテキスト掲載の質問をします。
 貴方はテキストを見ることなく「教師の発音」をまねて答えてください。
最初は、教師の質問自身をまねて口に出し、くり返しながら理解し、そしてその解答を導き出します。(メモ禁止です)
④再度ご注意申しあげますが、会話訓練時に、それをご自分でテキスト確認したりしてはいけません。また、解答を省略した形で「相手が意味を理解すれば良いじゃん!」と思わないでください。あくまでも、教師の口から出る質問にダイレクトに正しい英語にて答えることが必要です。
⑤その訓練の途中で、必要に応じた「文法確認」授業にて理解を深めます。

(E) プレゼンテーション・ディベート等の対応も可!

プレゼンテーション・ディベートはスピーカーにとって欠かせないトレーニングであり、PICOオンラインはこれにも対応します。
例:プレゼンテーションの訓練
これは、Zoom利用(40分以内)で、複数教師が聴衆として出席し、スピーチ評価・質問・スピーチアドバイスがもらえます。但し、このレッスンは教師が自宅レッスンをせざるを得ない日程下の場合は無理な場合があります。

(F) オンラインレッスンとフィリピン留学の連動も可能です。

    別ページご参照ください →  こちらです

(G)研修・教育のスタイル・料金等々について

(1)レッスン当初は、Skype/Zoomにてインタビューを実施します。
 A) 講師が「事前インタビューにて把握する事」は以下の項目です。
   ・発信力・受信力・将来目標・目前目標等
   ・お話ししながらの実力査定 ⇒ テキスト考案
 B) 講師は、以上の情報に基づき「教育カリキュラム策定・ご提案」
 C) インタビューは、Head Teacher、Group Leaderレベルの教師が担当します。

(2)3つのレッスン形式(初級から上級まで)
 中・高校生(発音矯正・日常会話) 特別割引=提示レッスン費用2割引!
・学校の英語教科書・英語読本等をテキストにしてもかまいません。
 日本語が解せないフィリピン英語教師と格闘して会話力をアップ!
フリートークを楽しみましょう!がんばってください!

 場合によっては日本のPICO Japanにご相談できます。

◆ じっくりとお勉強される場合

研修生が、諸外国で通用する表現力を獲得するには、最低50分程度の単位訓練時間
が必要です。25分程度のレッスンでは、結局は「フリートーク」に費やされてしまいます。
従って、PICOオンラインは「50分」です。
もちろん、接続当初はフランクなフリートークも会話も織り込みます。
教授する質は、そのままご留学しても継続して学習できる質とします。
効率化の為に「宿題」も発生します。

ベテラン教師も登場します。

(3)サービスの時間帯  

接続時間:スタート時間/午前8時30分~午後8時30分(終了午後9:20)
 開始時間はすべて●●:30分となります。(日本時間)
 さらに遅い時間のご希望がある場合はご相談ください。

研修センターは、平日レッスンです(含:土曜日)。
 但し、日曜日の「講師自宅レッスン」は可能な場合がありますので、ご相談ください。

(4)レッスン回数・費用について 

レッスン費 単価(円) 料金(円)
   10回分 1,500 15,000
   20回分 1,200 24,000
   30回分 1,200 36,000
   40回分 1,200 48,000
   50回分 1,100 55,000
   60回以上分 1,100 ——–

※1  1レッスンは50分です(連続レッスンご受講の際は、中10分休憩有)
※2  10レッスンの消費期限は2か月となります
※3  中高生のレッスン費は、上記より2割引となります

(5)レッスンお申込みの手順と予約変更について
  お申込み手順 全てウェブ上の申込書にて受付(混乱防止にご協力を)
         エージェント様を通される方も。エージェント様にご依頼してください。
  ◆
予約変更・受講の予定変更等については適宜メール対応します。

(6)教師の選定と交代について 
 講師の指名は出来ません(「教師選定」はPICOにて決定)。
複数教師ご希望は可能です。
但し、何らかの理由で他の教師に交代したい場合、その理由を添えて以
下のメールアドレスに申告してください。
ご事情によって検討し、入れ替えできます。
ご連絡先は support@picojapan.com  後藤までご連絡を。

(7)日時変更のポリシー・キャンセル
  レッスン日時のキャンセル/再予約 <liezel_admin@picojapan.com>
   ・キャンセル日      当日キャンセル   (不可:1単位喪失)
・キャンセル可能な日程  48時間(2日)以前(ペナルティなし)
・ペナルティの加算    48時間(2日)以内の場合
(ペナルティ「1」加算)
・一単位喪失キャンセル  ペナルティ加算が「3」の時(1単位喪失)

  レッスン自身のキャンセル
   ・レッスンスタート以前でのキャンセル
インタビュー費用 1,000円、レッスン準備費用として費用20%差引き
・レッスンをスタートしてからのキャンセル(例:お申込み10単位の時)
「5単位以下受講にてキャンセル」・・・残レッスン費用の50%返金
「5単位以上受講にてキャンセル」・・・返金ありません
・以上のご返金では「送金手数料」を差し引かせていただきます。

 (8)通信事故、その他
   ・フィリピン通信回線のクオリティ事情にてトラブル事故もありえます。
・その他、外的要因での事故もありえますがご容赦ください。
以上の事故に対しては、基本的にはレッスン追加等にてカバーいたします。

PICOフィリピン英会話研修センター 総代理店 電話 0422-21-3000(代)  ↑ 戻

オンラインフォーム説明にいくぞ
 お問い合わせ・ご質問はこちら

大きな地図で見る

〒180-0012 東京都武蔵野市緑町1-5-1
東海グリーンパークビル2階

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-3000

受付時間 10:00~17:00
(土日祝日休み)

お問い合わせ 詳しくはこちら