DME


DME(Direct Method for English)とは?

 

目の前の教師との「暖かい会話」の繰り返しで「現実の会話」を身につける訓練です。
そこではテキストを使いませんが、聞いて理解できるレベルから出発します。

現実の実践的会話では、日本人英語脳(英語-日本語-英語というサイクル)を壊して、本来の英語脳(英語-英語)が必要です。

これは「テキストを覚えて会話する」ことではなく、現実の教師が発信する「問いかけ」に直接英語脳で答えていく訓練です。
         正に「即応力」「即答力」の訓練 です。

 

   頻繁に、数時間のトレーニングを行います。

簡単な会話でのDMEトレーニング(訓練・復習)を繰り返し、その会話を「自然な振る舞い」にまで高めます。


 
学習(訓練)の基本

原則:予習は禁止で、復習は宿題であると同時に、レッスン時にも何回も繰返し復習します。
レッスンの最初に「覚えるべき単語」(必要に応じて文法)の勉強をいたします。
その後に、教師が貴方にテキスト掲載の質問をします。

しかし貴方はテキストを見ることなく「教師の発音」をまねて答えてください。
最初は、教師の質問自身をまねて口に出し、内容をくり返し理解し、そしてその解答を導き出します。
再度ご注意申しあげますが、会話訓練時に、それをご自分で「テキスト確認」してはいけません。また、解答を省略した形で「相手が意味を理解すれば良いじゃん!」と思わないでください。あくまでも、教師の口から出る質問にダイレクトに正しい英語で答えることが必要です。
その訓練の途中で、必要に応じた「文法確認」にて理解を深めます。

その他のお知らせ

DMEテキストは「市販」されておりません。
そもそもDMEは「テキスト本で学ぶ性質の学習」でもありません。

PICOは出版社との契約によって「販売権」を持っております。
必ずPICOにてお買い求めいただきますが、レッスンを始めてからしっかりとレベルをおはかりし、適切なテキストをお渡しします。
PICOでのレッスンを終えても、テキスト本を買われた時に「 e-ラーニング」の権利が付属しております。従って、継続学習( 24時間対応 )は可能です。

★オンラインレッスンでも、もちろんDMEレッスンは可能ですし、おススメします。

 

 DME(Direct Method for English )とは? ここをクリック

 

 毎日25分―毎日25分―毎日25分―毎日25分ー毎日25分ー毎日25分ー毎日25分ー毎日25分

 最も重要なポイントは・・・・

     「しゃべれる貴方になる!」という事

この「しゃべれる貴方になる」という肝心かなめなスキルのアップの為に、フィリピン人先生のホスピタリティは強力です。
クォリティ高いPICO先生は、貴方が納得するまでくり返し訓練をします。
上記掲載の「動画」をご覧ください。

PICOは、これまでも「英語での問いかけ」に「ダイレクトに答える」スキルを重要視し、レッスンを重ねてまいりました。
もちろん、オンラインレッスン にても、このトレーニングを取り入れ、その有効さを発揮できます。

        特設:PICOオンライン研修

    「お手軽」25分レッスン登場!

           Direct Method English特訓

 「しゃべれる貴方になる!」ことが学習の始まり!
しかし、どんなに、テキストに向かって学習しても実現できません。
PICOはDMEと毎日のトレーニングでそれを実現します。
今回、これまでのPICOのレッスン形式とは異なった、特訓コースを開設します。
 

  ◎たったの「25分間:毎日レッスン」に挑戦してください!

        日課として「コツコツ勉強」をしてください!

                          レッスンは最終「午後10時」まで稼働しています。

                            理想:土日を除く毎日: 但し、ご自分のリズムでお考えください)

 

   スタートまでの手順は?

 通常のレッスンでは、当初に「レベルチェックインタビュー」があります。
しかし、このDME研修では、そのままレッスンとなります。
 適宜、
教師がおしゃべりしながら、貴方の実力・想いを計り、そしてテキストを選択(レベル・ジャンル等を測ります)します。だから、レッスンは自然にスタートします。
おしゃべりは楽しくなけれまなりませんよね (笑)。
フィリピン講師はいつも楽しくお勉強できるようなホスピタリティを発揮しますので、どうぞご心配なく挑戦してください。

 「 毎日は無理だよ~」と考える貴方へ

 確かに! 毎日は無理だよ~、と言われる方も多々いらっしゃいますよね (笑)。
私どもの「毎日だ~」という意図は、英会話学習を放り投げないで続けなさい!という想いからの「過酷」発言ですのでお許しください。
じつは、当のフィリピン人教師たちも、仕事だとはいえ~『25分という短時間!』で、しかも『毎日!!』に焦っております (笑)。
せめて「月水金のお勉強」等のように「リズミカルで、継続する」学習をお勧めします。

         Direct Method for English (DMEメソッド)とは?

【 DMEメソッド 】その「歴史的背景」「有益性」解説

 

 

DME


                     
最も重要なポイントは「しゃべれる貴方になる」という事!

この「しゃべれる貴方になる」という肝心かなめなスキルのアップの為に、フィリピン人先生のホスピタリティは強力です。
先生は貴方が納得するまでくり返し訓練をします。

PICOは、これまでも「英語での問いかけ」に「ダイレクトに答える」スキルを重要視し、レッスンを重ねてまいりました。
今回は、さらに会話力アップに集中したDMEメソッドを取りいれることにいたしました。


(1)PICO 動画 ↓ 
(2) Direct Language Lab  

 
DME(Direct Method for English)

目の前の「教師との暖かい会話」の繰り返しで「現実の会話」を身につける訓練です。そこではテキストを使いません。
実践的会話では、日本人英語脳(英語-日本語-英語)というサイクルを壊し、本来の英語脳(英語-英語)が必要です。
これは「テキストを覚えて会話する」ことではなく、現実の教師が発信する「問いかけ」に英語脳で答えていく訓練です。
「即応力」「即答力」の訓練です。

DMEテキストを中心に毎日数時間の訓練を行います。

新しい会話へのトライと徹底した「訓練」「復習」によって会話を「自然な振る舞い」にまで高めます。

学習(訓練)の基本

原則:予習は禁止で、復習は宿題であると同時に、レッスン時に何回も繰返します。

レッスンの最初に「覚えるべき単語」(必要に応じて文法)の勉強をいたします。

その後に、教師が貴方にテキスト掲載の質問をします。

しかし貴方はテキストを見ることなく「教師の発音」をまねて答えてください。最初は、教師の質問自身をまねて口に出し、くり返し理解し、そしてその解答を導き出します。

再度ご注意申しあげますが、会話訓練時に、それをご自分でテキスト確認してはいけません。
また、解答を省略した形で「相手が意味を理解すれば良いじゃん!」と思わないでください。あくまでも、教師の口から出る質問にダイレクトに正しく答えることが必要です。

その訓練の途中で、必要に応じた「文法確認」授業にて理解を深めます。

テキストにはウェブサイト上のトレーニングが付属しております。
留学後の自宅学習も可能です。


その他のお知らせ

DMEテキストは「市販」されておりません。
そもそもDMEは「テキスト本で学ぶ性質の学習」でもありません。

PICOは出版社との契約によって「販売権」を持っております。

必ずPICOにてお買い求めいただきますが、ご留学されてから、レベルをおはかりして適切なテキストをお渡しします。

PICO留学を終えても、テキストを買われたときに「 e-ラーニング」の権利が付属しております。従って、継続学習( 24時間対応 )は可能です。

 
   

オンラインフォーム説明にいくぞ
 お問い合わせ・ご質問はこちら

大きな地図で見る

〒180-0012 東京都武蔵野市緑町1-5-1
東海グリーンパークビル2階

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-3000

受付時間 10:00~17:00
(土日祝日休み)